自動車保険には弁護士費用特約を付けよう

車のハンドルを握る人にとって、自動車保険に加入するのは常識です。
もちろん、自動車保険に入るためには保険料が掛かりますが、自賠責保険で対応できない分を補償できるメリットのほうが大きいといえるでしょう。
自動車保険を扱う保険会社が多く、自社の独自性をアピールしています。
また、いろいろな特約があり、どこまで付けるべきか迷う人もいるかもしれません。
しかし、迷うなら思い切って付けたほうが安心です。
「弁護士費用特約」もそのひとつ。
こちらは、交通事故に遭ったとき、弁護士に相手側と交渉してもらえるものです。
事故後の補償については、当事者同士で話し合う方法があります。
しかし、相手から強くいわれると、泣き寝入りする人もいるかもしれません。
また、自分で弁護士に依頼する場合は、弁護士費用が掛かってきます。
その結果、補償金をもらってもマイナスになる場合もあるでしょう。
弁護士費用特約の限度額は300万円のところが多く、それでカバーできるケースも少なくありません。
なによりも法律の専門家に交渉依頼することで、ストレスの軽減にも役立ちます。
なお、弁護士費用特約は、後で付けられる保険会社もあるため、これを機に加入を検討しましょう。