税理士と公認会計士の違い

税理士という職業をく機会があったかも知れません。

税理士はどんな仕事をしていて、どんな時に税理士に依頼をするのでしょうか?

税理士の主な仕事内容の中には、税務代理というものを上げる事ができます。

確定申告や青色申告の承認申請、税務調査の立ち合いや、税務署の決定に不服がある場合の申し立てがあります。

他にも税金の事で困った事があった時や、分からない時に相談に応じるということもあります。

会計業務に付随して、財務書類の作成や、会計帳簿の記帳代行、その他の財務に関する業務を行っていきます。

見てはっきりとわかるように税に関する業務を主に担当し、相談に応じたりします。

例えば節税にアドバイスだったり、不動産オーナーの会計処理を代行するということもあります。

似た職業で公認会計士というものがあります。

独立した第三者の立場から企業の決算書を監査していきます。

これも税理士と同じように企業の会計を担当し、税金にも関わっていくのですが、税理士と公認会計士では扱っている額が異なります。

中小企業であれば税理士を選択し、上場しているような大きな企業では公認会計士を選択するという方が多いです。